表情しわとボトックスの最近のブログ記事

ボトックス注射といえば、しわを目立たなくするというのが、
一番ポピュラーな効果です。


年齢を重ね、老化して肌のハリが失われた肌。
それが「たるみ」や「しわ」となります!


顔にできてしまうしわは大きくわけて
2段階に分けられます。
1.顔を動かしてできるしわ
2.顔を動かしていない安静時にできるしわ

ボトックス注射は、
顔を動かしてできるしわ(表情じわ)に効果的です。


表情じわは、主に筋肉が収縮することでできます。


代表的なしわで目尻のしわがあります。
笑ったりすると目尻にしわができますよね!?
これが表情筋によってできるしわなんです。
他にも、眉間や額などがあります。


この表情じわをボトックス注射で
表情筋の作用を抑えて筋肉を緩ませ
しわを目立たなくしていきます。


効果は、注入後3~5日程で現れます。


ボトックス注射は化粧品やマッサージでは
消えなくなってしまった時のお勧めの方法
です!


| コメント(0) | トラックバック(0)

額や眉間・目尻などは、1回のボトックスでしわがうそのようになくなってしまう方がとても多いです。特に、30前後から治療を始めると、まだ深いしわになっていないため、ボトックスだけでツルっとしわのない状態になり、深いしわができる予防になります。

深いしわが刻まれている場合は、ヒアルロン酸注射やしわとりの塗り薬などの併用が必要な場合もあります。ただ、50~60代の方で、しわが深い場合も、ボトックスだけで充分きれいになることもあるので、まずはボトックス注射をお受けになって1ヶ月様子をみるのがお勧めです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

表情しわは、年をとって目立つようにはなりますが、若い頃からあることも多いしわです。

ときどき10代の方で表情しわのボトックス治療を受けたいといらっしゃることがありますが、10代の方は、御本人がよほどコンプレックスに感じて困っていない限り、ボトックス治療をお勧めしていません。

20代後半になると、徐々にコラーゲンなどが減ってきて、表情しわが目立ち始めます。それでもまだ、しわを作らない表情のときはしわが目立ちません。

30代になると、表情しわは更に目立ち始め、この頃になると、しわを作らない状態でも、額や目尻のしわが消えない状態になってきます。

治療スタートに最適なのは、30前後からと思われます。この頃からボトックス治療を始めると、即効性のある若返り効果と同時に、しわが深くなったり新たなしわができるのを予防できます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

表情しわとは、「表情のくせによるしわ」です。目を見開いた時や話すときにできる額に横じわや、考える時に眉間にできる縦じわ、笑った時の目尻のしわなど、人それぞれ表情のくせは異なります。同じ場所に長年しわを作る動作を続ける事により、しわが徐々に深くなり、その結果、年齢を感じさせるしわになります。

| コメント(0) | トラックバック(0)