多汗症ボトックス治療の原理

| コメント(0) | トラックバック(0)

神経から汗腺に向けて神経伝達物質(アセチルコリン)が放出されると、汗腺が刺激を受けて汗が出ます。緊張などで自律神経が活発になると、アセチルコリンの放出が増えて多汗症症状が悪化します。

ボトックスはアセチルコリンの放出を抑える作用があるので、ボトックスを注射した部分の汗腺から汗が出にくくなり、多汗症の症状が改善されます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.botox-site.jp/MT/mt-tb.cgi/18

コメントする

月別アーカイブ

About us

美容皮膚科マグノリア皮膚科クリニック
電話受付時間
11:00am ~ 8:00pm
休診日
月・木曜日
住所
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル5F